嬬恋への旅は軽井沢に寄って

karuizawa01

軽井沢のメインストリートとして有名な「旧軽井沢銀座」までは、「花いち」から車で約50分の距離です。
賑わう通りと静かな別荘地のコントラスト。当宿へお越しになる前に、歴史がある避暑地の散策はいかがでしょうか。

 

karuizawa02

ギフトショップやカフェ、ブティックをはじめ、古くから続くジャム屋やパン屋、軽井沢彫りを扱う店が並んでいます。

 

karuizawa03

大正時代に好まれたヨーロッパ貴族のような衣装を貸してくれる「軽井沢写真館」では、
タイムスリップしたかのような写真を撮影してもらえます。

 

karuizawa04

賑わう商店街を抜けると、新緑の香りとともに木漏れ日が差し込みます。

 

karuizawa05

karuizawa06

karuizawa07

避暑地としての軽井沢を開拓した、イギリスの宣教師「アレキサンダー・クロフト・ショー」。
彼が建設した軽井沢最古の教会には、隣接して「軽井沢ショー記念礼拝堂」があります。
文献のほかにショーが使用していたテーブルや椅子が展示される室内は、
静けさに包まれ当時の空気まで伝わってきます。

 

karuizawa08

教会から五分ほど歩くと、明治27年創業の老舗「万平ホテル」の裏に、石畳の道「ハッピーバレー」が現れます。
閑静な別荘地帯は案内板もなく、静かに散策が楽しめます。

 

karuizawa09

軽井沢から「しなの鉄道」で一駅の中軽井沢駅方面へ進む途中には、野鳥も訪れる「雲場池」があります。
池を一周する遊歩道を散策すると、水面に映る景色に心を奪われそうです。

 

karuizawa10

karuizawa11

karuizawa12

karuizawa13

自然と歴史、文化が香る街「軽井沢」で過ごしたあとは、
素朴な里山の料理宿「花いち」へお向かいください。美味しい料理と源泉掛け流しの湯でお待ちしております。

 

karuizawa_pickup

1.軽井沢写真館 | 営業時間 10:00〜18:00 / 不定休 /(GW休、盆時期休、年末年始休)/ TEL.0267-42-8309(問合せは03-3753-1367・東京連絡所)/ 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢旧道641
・海外で買いつけたビンテージのドレスを着て記念撮影できる写真館。大正ロマンを感じる印象深い一枚が残せるはずです。

2.軽井沢ショー記念礼拝堂 | 営業時間 09:00〜17:00(冬期は〜16:00時) / 不定休 / TEL.0267-42-4740 / 北佐久郡軽井沢町軽井沢57-1・「軽井沢の開拓の父」といわれるイギリスの宣教師「A・C・ショー」が、布教活動の拠点とした軽井沢最古の教会です。静かな佇まいの教会の庭には、ショーの胸像と記念碑が立ち、当時の様子をお楽しみいただけます。

3.ハッピーバレー | 長野県北佐久郡軽井沢町925付近
・明治27年創業の老舗「万平ホテル」の裏にある石畳の道。閑静な別荘地帯なので、静かに散策するのにおすすめです。

4.軽井沢の雲場池 | TEL.0267-45-8579 / 長野県北佐久郡軽井沢町軽井 /
・小さな渓谷「御膳水」を水源とした、六本辻近くにある池。「スワンレイク」とも呼ばれ、天皇陛下も訪れることで有名な散歩道です。

2014年11月07日(金)|未分類
軽井沢エリアでのご宿泊なら群馬県嬬恋村の料理宿 花いちへ

掲載の記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます

PAGE TOP